白内障について

白内障

代表的な症状

  • 視界がかすむ
  • 光をまぶしく感じる
  • 視力が低下した

病気について

水晶体が濁ることで、目の奥に光が届きづらくなります

白内障とは、眼球の水晶体という部分が白く濁り、視力が低下する病気です。水晶体はカメラで例えるとレンズに相当し、外からの光を集めてピントを調節する機能を持っています。白く濁ると、集めた光が通りにくくなり、視力低下のほか、視界がかすんだり、光をまぶしく感じたりします。多くは加齢に伴って発症しますが、糖尿病やアトピー性皮膚炎、ケガや薬の副作用が原因になることもあります。

白内障の原因

白内障はたんぱく質が引き起こす病気

白内障は、たんぱく質が引き起こす病気でもあり、目のレンズに相当する”水晶体”という組織が、白く濁ってくる病気です。水晶体が濁るという状態は、水晶体の細胞内に存在するたんぱく質の異常変質によるものです。

白内障の多くは加齢によって発生し、特に加齢白内障もしくは老人性白内障と呼ぶことがあり、年齢以外にも、外傷・遺伝・糖尿病や薬剤などが原因で、白内障を発症する可能性もあります。

治療を行う上で大切なこと

  • 白内障は手術を行うことで改善を図ることができます

    当院では、患者さんの負担をなるべく減らすことを目的とし、医療連携を行っています。
    術前検査や説明を当院で行い、手術当日は横浜駅直結のスカイビル眼科で手術を受けていただきます。

  • 薬物療法で進行を遅らせていきます

    病気の進行が遅い(軽度な)場合、内服薬や点眼治療で水晶体の白濁を遅らせていきます。視力を回復したりする治療ではありません。

クリニックブログ Blog
お問い合わせはこちら 044-599-1212