クリニック紹介

医院情報

医院名 医療法人社団 川崎おぐら眼科クリニック
理事長 西岡 大輔
住所 〒212-0054
神奈川県川崎市幸区小倉5-19-23
TEL/FAX 044-599-1212
最寄り駅 JR京浜東北線・南武線「川崎駅」からバスで10分
JR南武線「尻手駅」からバスで5分
JR南武線「矢向駅」からバスで12分
東急東横線「綱島駅」からバスで15分
駐車場 あり(無料)

診療時間

診療時間日・祝
9:00~12:30
14:30~18:00

定休日:日曜日、祝日

アクセス

コンセプト

地域に親しまれるクリニックをめざしています

当院は2014年の開院以来、地域の方に親しまれるクリニックをめざしています。できる限り来院しやすいと感じていただけるよう、患者さんのプライバシーにも配慮したうえで、壁の一部をガラス張りにし、院内の雰囲気が外から伝わるような仕様にしており、検査風景も少し見ることができます。

患者さんのお話をじっくりとお聞きします

診療の際には、患者さんの話をじっくりとお聞きします。私の経験上、患者さんの中には医師に話を聞いてもらうだけで症状が和らぐ方もいらっしゃいます。
患者さんひとりひとりの“話を聞いてほしい”というお気持ちを大切にしています。

目以外でも、気になることがあればお気軽にご相談ください

目のお悩み以外のことをご相談される患者さんもいらっしゃっており、私自身とてもうれしく感じています。患者さんに少しでも頼っていただけているのかなと思うからです。専門外のことでもアドバイスできることはして、できることは行います。難しければ医療機関をご紹介しますのでお気軽にご相談ください。

当院の特徴

眼科専門医が診療しています

院長は日本眼科学会が認定する専門医の資格を保有しています。眼科を専門にキャリアを重ねてきた経験を生かして、患者さんのお悩みの解消に努めます。

大学病院の医師も診療に携わっています

当院では、大学病院に勤務する眼科医が毎週火曜日と木曜日の午後に診療しています。院長以外の専門家の意見も参考にすることで、より質の高い医療をご提供したいと考えています。

お子さんの治療に力を入れています

当院では、斜視や弱視、屈折異常、色覚異常等の疾患に対応し、ご両親の不安を取り除きたいと考えています。

珍しい、色覚異常に関する確定診断を行っています

当院では、週に1回〜2回、帝京大学より経験豊富な視能訓練士の小鷲宏昭(コワシ ヒロアキ)先生を招いて検査を行っているため、色覚異常に関する確定診断を行うことができます。
確定診断をするには専用の設備やその設備を使って検査をし、診断を出せるということが重要になります。
他の眼科でも色覚に関する検査を行っていますが、大半のクリニックでわかるのは、色覚に異常がないかどうかまでです。その一方、当院では色覚に具体的にどのような異常があるかまで把握することができます。色覚異常のタイプがわかることで、生活時のアドバイスも変わってきます。

視能訓練士による精度の高い検査を行っています

当院には帝京大学の小鷲宏昭先生はじめ、専門の視能訓練士が多数在籍していて、眼科クリニックの中でも充実した体制を敷いています。それは、検査を全て、専門的な知識と技術を持った視能訓練士に行ってもらいたいからです。

一般のスタッフと視能訓練士では検査の精度が大きく違います。一般のスタッフでは、視力が出るのに出ないことが起こり得るのです。検査結果によって治療の内容も変わってきますから、いかに精度の高い検査を行うかが重要です。そのため、当院では視能訓練士が多く在籍しているのです。

院長紹介

プロフィール

1998年 私立ラサール高等学校 卒業
2007年 杏林大学医学部 卒業
日本郵政株式会社 名古屋逓信病院 初期研修医
2009年 東京大学医学部眼科 後期研修医
2010年 宮田眼科病院 勤務
2011年 関東労災病院 勤務
2014年 川崎おぐら眼科クリニック 開院
2017年 横浜南共済病院 非常勤
2017年 医療法人社団 川崎おぐら眼科クリニック 法人化

 

スタッフから見た西岡院長の印象

九州男児ですが、南部の人らしく物腰の柔らかい先生です。
こどもが好きで当院で赤ちゃんの頃から診察している患者様の成長を我が子のように温かく見守っています。

診察では「患者様と向き合う」をとても大切にしています。

保有資格

日本眼科学会 眼科専門医

所属学会

角膜学会
緑内障学会
網膜硝子体学会

連携先医療機関

総合新川橋病院(川崎市川崎区)
スカイビル眼科医院(横浜市西区)
ひらと眼科(川崎市中原区)
関東労災病院(川崎市中原区)
横浜南共済病院(川崎市金沢区)

診療の流れ

1ご来院

来院したら受付スタッフに初診の旨をお伝えいただき、保険証をご提出ください。

矢印

2検査

患者さんの現在の目の状態を把握するために、各種検査を行います。視力検査や、目に空気を当てて眼球内部の圧力を調べる眼圧検査などを行います。ウイルス性結膜炎などが疑われる場合は先に問診を行います。

矢印

3問診

患者さんのお悩みをお聞かせください。院長がじっくりとお聞きします。

矢印

4診断・治療

検査と問診で得られた情報をもとに診断し、適切な治療を行っていきます。

院内ツアー

受付

待合室

診察室

検査室

クリニックブログ Blog
お問い合わせはこちら 044-599-1212